安定した高齢者医療制度を目指して 愛知県後期高齢者医療広域連合

文字の拡大 音声読み上げ やさしいブラウザはこちらからご利用下さい
文字サイズ

よくある質問

→ 「全ての質問一覧」はこちら

給付制度について

4-1給付には、どのような制度があるのですか?

かかった医療費は、自己負担額(原則1割、現役並み所得者は3割)を窓口で支払い、残りの額を広域連合が支払っていますが、各種の給付制度として、窓口での自己負担が高額になり、自己負担限度額を超えた場合にお返しする「高額療養費」や、コルセットなどの治療用装具の費用をお返しする「療養費」、被保険者の方がお亡くなりになったときに、葬儀を行った方に5万円を支払う「葬祭費」などがあります。

4-2給付を受けるのに、申請が必要なのですか?

高額療養費や療養費、葬祭費などの給付を受けるには、必要な書類をつけて、申請していただく必要があります。 ただし、高額療養費の2回目からの該当分については、申請の必要はなく、最初の申請書にて指定された口座に振り込みます。

4-3給付の申請から、お金がもらえるまでを教えてください。

被保険者の方が、市区町村の後期高齢者医療の担当窓口で申請してください。
申請内容を審査し、申請者あてに「支給決定通知書」を郵送したうえで、ご指定の口座に振り込みます。
振込予定日以降に、通帳に記帳していただき、ご確認くださいますようお願いします。

4-4「支給決定通知書」というのが届いたのですが、何ですか?

給付申請いただいた結果について、支給金額や振込予定日をお知らせする通知書です。
振込予定日以降に、通帳に記帳していただき、ご確認くださいますようお願いします。

4-5給付を受けるのに、金融機関の口座は、必要ですか?

被保険者の方に、確実に支給する方法として、銀行などへの振込みとしていますので、口座をご用意ください。

4-6振込先の口座は、郵便局(ゆうちょ銀行)でも大丈夫ですか?

ゆうちょ銀行の口座にも振込ができます。
ただし、ゆうちょ銀行の口座に振込む場合は、「振込専用の店番号・口座番号」が必要です。ご不明な方は、申請前に、最寄りの郵便局(ゆうちょ銀行)で確認してください。

4-7医療費の窓口(自己)負担に減免制度はありますか?

災害による損害や失業などにより、著しくその生活が困難となった方で、収入が一定の基準額以下の方については、一定期間内に限り、医療費の窓口(自己)負担額(一部負担金)が軽減されます。
減免には申請が必要となりますので、詳しくは市区町村の後期高齢者医療の担当窓口にお問い合わせください。

 
  • 申請書等様式
  • お住まいの市区町村窓口
  • 公告物・議会関係・入札情報・予算・決算、財政状況・人事行政の運営等の状況 等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
アイコンをクリックするとダウンロードサイトへジャンプします。

Copyright © 2010 愛知県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.