安定した高齢者医療制度を目指して 愛知県後期高齢者医療広域連合

文字の拡大 音声読み上げ やさしいブラウザはこちらからご利用下さい
文字サイズ

保険料

保険料の計算例(令和2年度)

[例1]夫(世帯主)の年金収入168万円、妻の年金収入80万円の場合

区分
(1)所得金額 480,000円 0円
(2)基礎控除後の所得金額
[(1)-33万円]
150,000円 0円
(3)所得割額
[(2)×9.64%]
14,460円 0円
(4)被保険者均等割額
[48,765円]
48,765円 48,765円
(5)軽減前の保険料額
[(3)+(4)]
63,225円 48,765円
(6)被保険者均等割軽減額
[(4)×0.775]
37,793円 37,793円
(7)保険料額
[(5)-(6) ※100円未満切捨て]
25,400円 10,900円
夫の保険料額の算定
  1. (1) 「所得金額」の算出
    年金収入168万円−公的年金等控除額120万円=所得金額48万円
  2. (2) 「基礎控除後の所得金額」の算出
    (1)所得金額48万円−基礎控除額33万円=15万円
  3. (3) 「所得割額」の算出
    (2)15万円×9.64%=14,460円
  4. (4) 「被保険者均等割額」
    48,765円(定額)
  5. (5) 「軽減前の保険料額」の算出
    (3)14,460円+(4)48,765円=63,225円
  6. (6) 「被保険者均等割軽減額」の算出
    (4)48,765円×0.775=37,793円(被保険者均等割7.75割軽減額)
    ※軽減判定は世帯の所得金額の合計で行います。なお、年金所得の場合は所得金額から15万円を控除した後の金額を用います。
    夫の所得金額48万円から15万円を控除した33万円と妻の所得金額0円の合計で33万円以下となり、被保険者均等割7.75割軽減に該当します。
  7. (7) 「保険料額」の算出
    (5)63,225円−(6)37,793円=25,432円→25,400円(100円未満切捨て)
妻の保険料額の算定
  1. (1) 「所得金額」の算出
    年金収入80万円−公的年金等控除額80万円=所得金額0円
  2. (4) 「被保険者均等割額」
    48,765円(定額)
  3. (5) 「軽減前の保険料額」の算出
    (4)48,765円=48,765円
  4. (6) 「被保険者均等割軽減額」の算出
    (4)48,765円×0.775=37,793円(被保険者均等割7.75割軽減額)
    ※軽減判定は世帯の所得金額の合計で行います。なお、年金所得の場合は所得金額から15万円を控除した後の金額を用います。
    夫の所得金額48万円から15万円を控除した33万円と妻の所得金額0円の合計で33万円以下となり、被保険者均等割7.75割軽減に該当します。
  5. (7) 「保険料額」の算出
    (5)48,765円−(6)37,793円=10,972円→10,900円(100円未満切捨て)

[例2]夫(世帯主)の年金収入300万円、妻の年金収入80万円の場合

区分
(1)所得金額 1,800,000円 0円
(2)基礎控除後の所得金額
[(1)-33万円
1,470,000円 0円
(3)所得割額
[(2)×9.64%
141,708円 0円
(4)被保険者均等割額
[48,765円
48,765円 48,765円
(5)軽減前の保険料額
[(3)+(4)
190,473円 48,765円
(6)被保険者均等割軽減額
[(4)×-
- -
(7)保険料額
[(5)-(6)※100円未満切捨て]
190,400円 48,700円
夫の保険料額の算定
  1. (1) 「所得金額」の算出
    年金収入300万円−公的年金等控除額120万円=所得金額180万円
  2. (2) 「基礎控除後の所得金額」の算出
    (1)所得金額180万円−基礎控除額33万円=147万円
  3. (3) 「所得割額」の算出
    (2)147万円×9.64%=141,708円
  4. (4) 「被保険者均等割額」
    48,765円(定額)
  5. (5) 「軽減前の保険料額」の算出
    (3)141,708円+(4)48,765円=190,473円
  6. (6) 「被保険者均等割軽減額」
    ※軽減判定は世帯の所得金額の合計で行います。なお、年金所得の場合は所得金額から15万円を控除した後の金額を用います。
    夫の所得金額180万円から15万円を控除した165万円と妻の所得金額0円の合計で2割軽減の基準となる137万円を超えるため、被保険者均等割軽減に該当しません。
  7. (7) 「保険料額」の算出
    (5)190,473円→190,400円(100円未満切捨て)
妻の保険料額の算定
  1. (1) 「所得金額」の算出
    年金収入80万円−公的年金等控除額80万円=所得金額0円
  2. (4) 「被保険者均等割額」
    48,765円(定額)
  3. (5) 「軽減前の保険料額」の算出
    (4)48,765円=48,765円
  4. (7) 「被保険者均等割軽減額」
    ※軽減判定は世帯の所得金額の合計で行います。なお、年金所得の場合は所得金額から15万円を控除した後の金額を用います。
    夫の所得金額180万円から15万円を控除した165万円と妻の所得金額0円の合計で2割軽減の基準となる137万円を超えるため、被保険者均等割軽減に該当しません。
  5. (8) 「保険料額」の算出
    (5)48,765円→48,700円(100円未満切捨て)
 
  • 申請書等様式
  • お住まいの市区町村窓口
  • 公告物・議会関係・入札情報・予算・決算、財政状況・人事行政の運営等の状況 等

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
アイコンをクリックするとダウンロードサイトへジャンプします。

Copyright © 2010 愛知県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.